タイトルにアバウトが付いている記事は
東大と関係ない日常のゆるめのお話となります。
本編一覧はこちらから





小学校の頃の担任は
そんな時代だったのかもしれないけど



tB08
毒教師との闘い①【初めてのフェミニズム編】より




そんな先生を一発
ギャフンと言わせてやりたくて




雪遊びの時間に
殺傷能力高めの雪玉を作って
先生のオケツにぶつけることを
企んでいた




雪合戦にルールなんて
設けられていないし




硬い雪玉を作って
ぶちかますくらい
別になんの問題もないよね




・・・痛いだろうけど



S5E



悪い例として
わたしの書いた下手な絵を
みんなに見せる時も笑ってたし




前の担任の先生は
授業中ずっと生徒を
廊下で立たせたりはしなかった




だから
ばちが当たって当然だし
全くかわいそうじゃない




でもちょっと待って




この雪玉が
クリティカルヒットして



JUPf



特定の宗教を
信仰してるわけじゃないけど



何かの映画で
カトリックの人が懺悔室で
下品な言葉を使ったって理由で
懺悔してるところを見てから




ちょっとした悪さをしても
神から天罰が下るのかもしれないって
なんとなく思っていた




もし先生に
すでにばちが当たっていて
許されていたとしたら



私が先生のオケツに
雪玉をぶちかますことは
ただの悪いことだ



そしたら
私にもばちが当たる



そんなこと考えて
怖くなってしまって



D5vp



復讐するのは
やめることにした




残念なことに
先生が可哀想だからとか
復讐心は良くないとか
そんな道徳的な理由じゃなく、




自分が酷い目に遭うのは
いやだからっていう
自己中心的な理由だ




まぁ人間って
そんなものだよね




そのあとは
自作の雪玉という名の凶器を
隠蔽するために雪だるまを作った




「ただっち何してるの」



s2W



凶器を作るために
素手で雪を触ってたから
しもやけができちゃった




未遂だけど
悪事を企てたせいで
ばちが当たったんだと思って
すごくこわくなった



Vc5d



今ではばちが当たるとか
人間が都合よく作った
幻想じゃないかって思えるけど
この頃はそんなの分からない




でもその思想に則るなら
先生は十分ばちが当たってると思う




もし子供が大好きで
先生になったんだとしたら




恨みを晴らすために
オケツに凶器(雪玉)を
ぶちかまそうと企てていた
女子生徒がいるなんて
きっと悲しいと思うから。




毒教師シリーズはこちらです
毒教師との闘い①【初めてのフェミニズム編】
毒教師との闘い②【婆しばき編】
毒教師との闘い③【オケツならオッケー編】





東大の話一覧を見る

日常の話一覧を見る

___________________


オムツ変えない宣言2を読む
EwP6TMKIMnUQAHF1542005288_1542005301

押してくださってる方々
いつもありがとうございます〜!!


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


 

 
哲学のインスタやってます
bana