本編の東大話はこちらから 
 日常の話こちらから 




研究の方向性を決め、
調子よく研究計画書を
作成することができた!





・・・と言いたいところだけど
全く調子よく進まなかった




個性的な研究テーマだからこそ
ずっしりとした、堅めの
研究計画を作らないと
ふざけた印象になってしまう




そう考えるとやっぱり



研究の成り立ち



異常に神経質になって
歴史から遡るクセができたり
(研究に役に立たないのに)




気になる部分を徹底的に調べないと
気持ち悪くなってしまったり。




例えるなら
”ラジバンダリ”って
なんだっけな?




という疑問を放置して
頭の隅に置いておくような
そんな気持ち悪さだ




頭の回転も遅くて、
理解力もちょっとアレな私は
一旦そんなドツボにはまると



謎のこだわり



そんなこんなで
研究室訪問の2日前まで
研究計画書に手をつけなかった。




まぁ2日あれば
見せられるレベルの仮のものは
完成するだろう!




....と思ってたんだけど
仮説の検証方法として
統計学の知識が必要だと気づいて




焦って勉強してみたけど
統計学の奥が思った以上に深すぎて
何を使うのが適当なのか分からなくなって




奥が深すぎる統計学
 


私史上もっとも
深いドツボにはまった




そして
前日になり・・・・




東大教授に見せるのに




教授に見せる
研究計画書が...




完成した研究計画書(笑)
*実物が見つかったら写真に変えます




5行しかできなかった。




本来なら
A4用紙2〜4枚の大作に
仕上げなきゃいけないのに!




これじゃあ
研究計画書(笑)だよ...




これを
ちゃーくんに見せると




夫に怒られる



普通に怒られた。




徹夜して頑張ろうかと
思ったけれど




寝不足で頭が働かない方が
ヤバイと思ったから
この研究計画書(笑)を持って
特攻することにした。




どう考えてもヤバイのに
丁寧に書籍を読みまくって
自信がついてしまったのか




とにかく
トーク力でなんとかしよう!
そう思ってしまった




本当、ヤバイ。




東大の話一覧を見る
(暗くて重めです)
日常の話一覧を見る
(基本明るいです




セフにモラされた話。
本日三話目が配信されました!
パシフィックまちこのバナー
無料で読めるうちに是非ご覧ください〜!

___________________


東大訪問で恥かいた話を読む
鼻の高い東大生

金輪際知ったかぶりはしないと決めた日。







いつもありがとうございます。
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


よければインスタフォローしてください
bana