ただの主婦が東大目指してみた

ズボラでクズなアラサー凡人主婦が、ある日突然東京大学を目指すブログです。 東大受験記録と主婦の日常のお話をほぼ毎日更新中です。 引き寄せの法則も実践中。 凡人が大志を抱いて奮闘する姿を是非ご覧ください。

2021年02月





突然ですが
今日は美容整形外科に
埋没法のカウンセリングに行き
できれば本日施術する予定です





私は生まれつき奥二重で
大学生の頃から
ずっとアイプチで二重を
作っていたのですが





変に型がついて
左目だけ二重になってしまい
すっぴんではこんな状態に
なってしまいます


m1



なので
アイプチをやめたくても
やめられない...という
状況に陥っています。






そんななか、
こんな情報を聞きました





アイプチをしていると 
まぶたの皮膚が伸び
将来的にはまぶたがかなり
垂れ下がってくると...







それは嫌だ!...という思いと
すっぴんの状態でも
両瞼が均等でありたいこと、






そしてついでに
アイプチではやりにくかった
まぶた辺りのアイシャドウを
楽しみたい..






そんな熱い思いで
立ち上がりました







二重といっても
こんな感じの流行りの平行二重
にしたいわけでなく
m2




こんな感じの
自然な末広二重にしたいと
考えています
(アイプチしてた時と変わらない感じ)


m3
 欲を言えば
パッチリ二重!!!にしたいですが
私は顔が面長なので
バッチリ二重にしてしまうと
さらに顔が長く見える危険性がありますし







蒙古襞があるので 
末広型の方が綺麗に見えるのかな、
と考えています






なので
整形したのにその程度なの?
...と言われるような変化に
なる予定です






とはいえ
まぶたの状態や目の形によって
どんな二重にできるか
変わってくるそうなので
お医者さんと相談して決めるかと思います 






カウンセリングは
どんな感じだったか、
手術中の痛みはあるのか、
ビフォーアフター写真、
ダウンタイム はどんな風になるのか、





...などなど
検討している方に役立つレポを
書けたらいいなと思います






それでは、また〜! 






いつもありがとうございます





今回はちょっと
残念なお知らせがあります
(離婚ではありません)





私、このたび....






修士課程を...


ryuunenn1
 




社会人は長期履修制度を使って
3年かけて修了することが多いので
精神的&金銭的ダメージは
少ないのですが






元々2年で
修了するつもりだったので
かなり反省しています
四六時中研究に勤しんでいたかと言われると
そうではありませんし..

もっと頑張れた気もします





論文以外の単位は取り終わっていて
とにかく論文を出せば
どうにかなったのかも
しれませんが





やっぱり
一度きりの修士論文、
最高のものに仕上げたいなと思い
もう1年続けることにしました 





ゼミもzoomで行えるので
早めに仕上げて
大阪に帰る予定ではあります






行き当たりばったりの私ですが
今後ともよろしくお願いいたします🙇‍♂️ 





ただっち 

この記事は
こちらの続きです
(読まなくても大丈夫です) 





別居の寂しさと
研究生活の不安を





精神的に
ふっとばすために
パワーストーン専門店に
行くことにした





芸能人も通うという
本格的なパワーストーンやさん





それは
閑静な住宅街の中にあった





 pawasu1




迷いながらも
なんとかその店を見つけた





なんだか
こじんまりとしたお店...






大きなガラスがあって
外から中が見える外観だから
おかしなことにはならないだろう






でも
カルト宗教に関する論文を
たくさん読んでいたせいかな...




pawasu2





なんというか
崖の上に立っているような
生理的な恐怖を感じていた






私が事前に知っていた
洗脳に関する手口はこれだ





スピリチュアルのお店や
ちょっとアヤシイ団体の敷地内で
出された水を飲むと





そこには
某危険ドラッグが
入っていて





pawasu3





頭が状態になり....
幻覚を見たり...不思議体験をしたり...
神が現れたり...






そんなこんなで
すっかり洗脳されてしまい
(あくまで論文に書いてあった一例です)





pawasu4




周りの人が
恐怖を抱き始めるような
ヤバさを醸し出しはじめる





それだけは
なんとしてでも避けたい





ただの主婦が
危険ドラッグキメてみたとか
シャレにならない話だ






だから私は
絶対店で出されたものを
口に入れないこと、





何かアヤシイお香を
焚いている人がいたら
即座に店を出ること、






団体への所属やセミナーに誘われたら
マッハで店を出ること、





それらをルールとして
買い物をすることにした






さぁ、行くぜ!!!!





pawasu5




私はこのお店で
凄まじい非日常感を
体験することになる





つづく 

このお話は
この記事の続きです






こっちの方が
研究生活的に都合がいいから
別居したわけだけど






離婚に至るリスクを
特に考えていなかった






自分のことで精一杯で
家族としての”私”のことを
忘れてしまっていた






・・・とはいえ
ここまできてしまったからには
悩んでいても仕方がない






だから
この”間違えた感”を
どうにか捨て去りたかった







こんなふうに
”失敗した”という気持ちが
心の何処かにあれば


sippai1





この先の生活で
何かにつまずき、落ち込んだときに





きっと
”間違った道”のせいにして
本題から逃げてしまうだろう





間違った道を選んだから
うまくいかないんだって




sippi3




だけどそんな時間は
無駄でしかない





泣いても笑っても
私の人生での修士生活は
あと1年(仮)しかないんだから







sippai2





過去は気にせず
猪突猛進するのが
"この生活"の最適解だ






これまで私は
マインドを変えるために






願望ノートを書いたり
神社にお参りに行ったり
お気に入りのボールペンを
やる気スイッチに変えたり
色々とやってきた
この本に色々書きました)






でもそれよりも
もっと強力なものが
欲しいと思った



sippai4








何か・・・特別な・・・・







sippai6




そうだ




もうアレしかない






キム○クの家にも
いっぱいあるという
アレだ







失敗8






つけた瞬間
謎のパワーが湧いて来て
なんでもうまく行くと
思い込むには最適だ
(本当に効果があるのか真実はどうかわかりません)






そして私は
パワーストーンの店を調べ






ちょっと怪しいけど
芸能人がいっぱい来てる専門店を
見つけた





そこは私の知らない
摩訶不思議な世界





ワクワクがとまらず
別居の寂しさが
すっかり吹っ飛んでいた





つづく