このお話は
この記事の続きです






こっちの方が
研究生活的に都合がいいから
別居したわけだけど






離婚に至るリスクを
特に考えていなかった






自分のことで精一杯で
家族としての”私”のことを
忘れてしまっていた






・・・とはいえ
ここまできてしまったからには
悩んでいても仕方がない






だから
この”間違えた感”を
どうにか捨て去りたかった







こんなふうに
”失敗した”という気持ちが
心の何処かにあれば


sippai1





この先の生活で
何かにつまずき、落ち込んだときに





きっと
”間違った道”のせいにして
本題から逃げてしまうだろう





間違った道を選んだから
うまくいかないんだって




sippi3




だけどそんな時間は
無駄でしかない





泣いても笑っても
私の人生での修士生活は
あと1年(仮)しかないんだから







sippai2





過去は気にせず
猪突猛進するのが
"この生活"の最適解だ






これまで私は
マインドを変えるために






願望ノートを書いたり
神社にお参りに行ったり
お気に入りのボールペンを
やる気スイッチに変えたり
色々とやってきた
この本に色々書きました)






でもそれよりも
もっと強力なものが
欲しいと思った



sippai4








何か・・・特別な・・・・







sippai6




そうだ




もうアレしかない






キム○クの家にも
いっぱいあるという
アレだ







失敗8






つけた瞬間
謎のパワーが湧いて来て
なんでもうまく行くと
思い込むには最適だ
(本当に効果があるのか真実はどうかわかりません)






そして私は
パワーストーンの店を調べ






ちょっと怪しいけど
芸能人がいっぱい来てる専門店を
見つけた





そこは私の知らない
摩訶不思議な世界





ワクワクがとまらず
別居の寂しさが
すっかり吹っ飛んでいた





つづく